すっぽんはコラーゲンも豊富なので意外に女性向けの食材と言える

すっぽんはコラーゲンも豊富なので意外に女性向けの食材と言える

すっぽんは昔から”精がつく(精力がつく)”食べ物とされていますが高価なためにまだ食べたことの無い人が多いと思い、すっぽんとはコラーゲンも豊富であり美肌効果もある優れた食べ物であり、日本が世界に誇れる健康と旨さを兼ね備えた美食であると思います。

 

 

考えてみれば亀なのですが、何故だけすっぽんだけは他の亀とは違い亀というイメージが無く日本においては高級食材という感じであり、すっぽんは美味しいという以上に健康に対する効果が絶大であり、特に精力増進に効果があると昔から言われており味は鶏肉のような感じですが精力増進と美肌効果があるコラーゲンが豊富ということで味以上に有り難いと思わせる効果があり正に”医食同源”に相応しい食材であります。

 

 

 

すっぽんの雑炊いわゆる”まる雑炊”の美味しさは外国人には理解できない味ではあるかもしれませんが(マツタケの匂い、味を有りがたがるのも日本人のみなので)すっぽんを長年、鍋の具材としてきた鍋にはすっぽんの匂いやエキスが染み付いておりその鍋で雑炊を作るだけですっぽんの匂いや味が染み出してきてとても美味しいのです。

 

 

すっぽんとは味だけではなく健康に対するアプローチが非常に高く、味よりも健康、精力増進に役立つ食べ物というイメージであり、すっぽんは非常に高価なのでフルコースならば1万円前後はかかってしまいます。
しかしながら、日本人ならば一度はすっぽんを食べてみたいものであり社会人となって数年以上経っている人ならば1万円位は安いものであると思います。

 

基本的に亀は食べる気がしませんが、すっぽんは別であり、いつの頃からかは分からないですが高級食材という認識が日本では広まっており日本人ならば一度は口にしたい食べ物で他の亀とは別の生き物というイメージであります。

 

 

すっぽん料理というとどうしても”精、精力”というイメージですがコラーゲンも豊富なので意外に女性向けの食材、食品なのですが中々女性がすっぽんを食べに行くというのはイメージ的にハードルが結構高いものがあるのも事実でありどうしてもすっぽんというとオジサンが精力をつけるために食べるというイメージが強いので、美肌、コラーゲン豊富というイメージを植えつけて女性客を引き寄せれば今よりももっとメジャーな料理、食材になる可能性が非常に高いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

"